Blog

Blog詳細

クリプトニュース 6つの時価総額上位通貨の今と未来について


クリプトニュース  6つの時価総額上位通貨の今と未来について

 

こんばんは、トモです。

カクテルヘアーブログでは、原と名乗ってますので、クリプトニュースでは、トモで分けて行きます!!

 

今日は長文ですが、初心者にも分かりやすく書こうと思います。

 

1、ビットコイン(BTC)

 

10日のCBOEでの先物取引上場の影響は、3000BTC程で、機関投資家の参入による影響はそれ程でもなく、まさかのサーバーダウンと

言う結果でしたが、18日のCMEでの先物先物取引は、CBOEとは先物取引のライバルになるので、前後の日程は相場の動きに注目した方が良さそうです。

お隣の韓国では、規制がかかるのでは!?と噂されてましたが、ガゼネタで終わりました。

その分、今日は韓国の取引所の規制が解決に向いた方向からの形での、朝方の跳ね上がりだったみたいです。

 

これからのビットコインは、先物取引上場で、再度ビットコインが上昇する日が続く可能性もあるので、要チェックです。

 

 

2、イーサリアム(ETH)

 

イーサリアムもアルトコインの上昇に伴い、フィアット建で最高値を更新して居ます。

 

そんな中、CryputoKittiesと言う猫のアプリケーションで、イーサリアムプラットフォームのスケーラビリティ問題が露呈しました。

またICOなどの開発プラットフォームや、送金の速さなどの視点からステラなどが、注目されており、イーサリアムは多くの改善が必要とされています。

 

今回の価格上昇の要因として考えられるのは、12月12日UBSが主導する(Madrec) というプロジェクトが発足したことです。

Madrecには、バークレイズ、クレディスイス、KBC、SIX、トムソン・ロイターといった大手企業が参加しています。

銀行各社では、これまで仮想通貨の実験を行ってきましたが、Madrecでは今後、イーサリアムを活用したデータ照合の簡素化を進めていくと報道されたため、これが価格上昇の大きな理由と言えるでしょう。

 

イーサリアムは2018年中核となるプロトコルの更新を控えており、更新後の影響は大きいと思われるため、これに向けられた期待も加味されているかもしれません。

 

 

3、ビットコインキャッシュ(BCH)

 

 

ビットコインキャッシュは、大きな高騰を見せてから少しの期間価格停滞が起こっていました。

 

この原因と考えられるのが、投資ファンドGrayscaleの17501BCHの売却です。

Grayscaleは、BTC投資ファンドですが、この保有BTCに対して付与されたBCHを一度売却後フィアットで株主に還元することを発表、その後5週間に渡って17501BCHを売却し、先日この売却が終わりました。

 

Grayscaleは市場に影響が出ないよう少しづつ市場に放出していたと発表していますが、保有していたBCH量は大きな金額に相当しています。

 

下落の影響はなかったものの、価格上昇を抑える役割を担っていた可能性はあり、この売却終了ともに1段底上げをした形で価格上昇を記録しています。

 

 

4、リップル(XRP)

 

リップルと通称されるリップル社が提供するXRPの価格上昇は、長い停滞期間をしていたことからもこの1週間での1番の話題ではないでしょうか。

 

XRPは元から多くの優良企業と提携を組んでいることから、高騰には多くの要因があることには間違いありません。

 

ここ数日での大きな動きは以下の3点があります。

1、内外為替一元化コンソーシアム主導の日韓のブロックチェーン利用国際送金の実験開始が発表

2、日経新聞社の紙面、テレビによる報道での認知度や信頼性の上昇

3、ロックアップ完了と、月平均3億XRPの市場放出が停止している可能性

 

今後も国際送金での需要により、目が離せない存在です。

 

 

5、ダッシュ(DASH)

 

DASHは仮想通貨市場での地位を確率に向けプロジェクトを推し進めています。

 

ビットコインは、デジタルゴールドとなりつつあり、送金面ではライトコインやビットコインキャッシュ、金融市場ではリップルなどが有名ですが、

ダッシュはジンバブエの決済サービスKuvaCashとの共同決済システムに投資を行い、ハイパーインフレーションを起こし自国通貨がないに等しいジンバブエで、国公式のデジタル通貨を目指し活動しています。

 

KuvaCashとの提携で、2018年にはジンバブエでSNSが送信可能な携帯電話を所有する人は、DASHを活用した即時決済が利用できるようになります。

 

現在ジンバブエでは、決済に外貨やプリペイドカード、時にはお菓子が使われている状態であり、このような共通デジタル通貨の実現可能性も現実的で、実現の暁には価格への影響はかなり大きいと考えています。

 

 

6、ライトコイン(LTC)

 

ライトコインの価格高騰は、Steamバウチャーの追加によるBTC以外での決済通貨として台頭しつつある環境と、イーサリアムと同じく注目されている

BTC先物に続くCMEの先物上場の噂でしょう。

 

この先物上場に関しては、正式な発表は行われていない噂レベルの情報ですが、18日のBTC先物での動きにも影響すると考えられます。

 

この噂が真実だった場合、BTC先物上場より影響があるのではないかと考えています。

 

 

以上、6つの時価総額上位通貨の今と未来について でした。

 

 

僕は、この6つの通貨を取り扱っている 日本で一番簡単に仮想通貨が買える取引所のコインチェックを利用しています。

仮想通貨の取引を始めたい方のためにリンクを貼っておきますので、下記のURLから是非 ご登録ください。

 

a href=”https://coincheck.com/?c=sesDTuzS_bA” target=”_blank”>簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck</a>

 

<a href=”https://coincheck.com/?c=sesDTuzS_bA” target=”_blank”><img src=”https://coincheck.com/images/affiliates/05_cc_banner_300x250.png” alt=”ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin”></a>

 

<a href=”https://coincheck.com/?c=sesDTuzS_bA” target=”_blank”><img src=”https://coincheck.com/images/affiliates/04_cc_banner_300x250.png” alt=”ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin”></a>

 

Cocktail hair カクテルヘアー

住所     〒810-0041
        福岡市中央区大名2-2-43
        イーエルケイ大名ビル201
アクセス   地下鉄赤坂駅から徒歩3分
TEL      092-735-2635
営業時間  平日 11:00~21:00
        土日 10:00~20:00
定休日    毎週月曜日

当店facebookページはこちら  http://on.fb.me/1BROGKF
  • facebook
  • twitter